Database

#1246

アオアシで出てきたサッカーの戦術とその起源

サッカーを知らない人でも楽しめるアオアシ。アオアシはサッカーにおいて重要な戦術合戦が魅力でもあります。このデータベースではその戦術のモデルになった戦術とその起源、チームをまとめていくものです。これを知れば、戦術の文脈を知ることでさらにアオアシが楽しめる、サッカーを知れる、楽しめるものをみなさんで作っていければと思っています。

アオアシ
書き込む

Data: 1

Created At: 2023/11/21

Managed By: yooya1939

1

N-BOX

ジュビロ磐田が2001年に2000年に誕生したクラブ世界選手権でレアル・マドリードを倒すために考案されたシステム。数値上は3-5-2だが、サイドにウイングバックを置かないで名波を中心に中央を固めるシステム。ただ、サイドにボールが流れると集団でプレスをかけていく。その動きの統率を取るのが名波であり、周りは名波の動きに合わせて動く。3-5-2は格上と戦う上ではウイングバックがDFラインに吸収されて5バックになってしまう問題を解決するために、最初からウイングバックを置かない陣形となった。N-BOXは当時Jリーグで猛威を振るい、ベストチーム、歴代最強チームとも名高い。そしてこの戦術ができたのはわずか1年ちょっと。名波の怪我とともに封印され、もともとの目的であった打倒レアル・マドリードも大会の延期のために実現しなかった。短命だったからこそ記憶にも記録にも残る戦術になっている。ウイングバックにしていた奥や藤田が守備が得意ではなく押し込まれると特徴が活きない、名波の存在など当時のジュビロだからできたことであり、現代サッカーではどうなるのかわからない。4-3-3が主流の今だとワイドに張られて3バックはリスクが高すぎるような気もしますね。こちらの記事はとても参考になります!https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/05/08/n_box_split_01/

青森星蘭高校がエスペリオンユースに対抗するために、レンを中心に置き「1年生のレンに合わせる」というプライドを捨て覚悟を持ったフォーメーションとして登場しました。

yooya1939
2023/11/22 08:59:26

© 2022-2024 FUSSY Inc.